メニュー

胆のうポリープ

どんな病気?

  • 肝臓で生成された胆汁(たんじゅう)は「胆管」を通って十二指腸に流れます。
  • 胆管の脇にひょうたんのような形でぶら下がっている臓器が「胆のう」です。
  • 胆のうポリープは非腫瘍性ポリープ腫瘍性ポリープに分かれます。
  • 代表的な非腫瘍性ポリープにはコレステロールポリープがあります。これだけで胆のうポリープ全体の約90%を占めます。
  • 腫瘍性ポリープには胆のう腺腫、胆のうがんがあります。
  • 胆のうポリープは人間ドックでも頻繁に発見される、ごくありふれた疾患です。
  • 過去の報告によると集団検診の5〜10%程度の頻度で発見されているようです。

原因は?

  • 肥満
  • 脂質異常症
  • メタボリックシンドローム
  • 飲酒
  • 喫煙

これらはいずれも胆のうポリープとの関連を指摘されています。実際には胆のうポリープ全般の原因というよりは、「コレステロールポリープ」と関連していると考えられます。生活習慣によって蓄積したコレステロールがポリープの基になるのです。
一方で、より重要な問題である腫瘍性ポリープ(腺腫、がん)の原因は、はっきりとは分かっておりません。

症状は?

  • 無症状

胆のうポリープは原則的に無症状です。よって健診や人間ドックで発見されることがほとんどです。特に、そのほとんどを占めるコレステロールポリープはがん化することもありません。
腫瘍性ポリープ、つまり胆のうがん等の場合であっても、進行しなければ無症状です。胆のうがんについてはこちらのページに解説しております。

どんな検査があるの?

腹部超音波検査(エコー)

エコー検査は最も簡便で、放射線検査のようにお身体への影響を心配する必要もなく、外来でサッと行うことのできる非常に有用な検査です。最初に行うべき検査と言えます。
エコーではポリープの存在確認は当然のことながら、そのサイズ、個数、茎の有無、表面の凹凸、エコー輝度(黒っぽく映るか白っぽく映るか)などを評価します。これによりコレステロールポリープなのか、治療すべき腫瘍性ポリープなのか、ある程度までは判別することが可能です。ただ、茎の有無などは見にくいこともあります。
ある報告によると、ポリープサイズ別の胆のうがんの頻度は5mm以下で4.6%、6〜10mmで9.3%、11〜15mmだと急に割合が増加し24.1%、16〜20mmに至っては62.1%と、その半数以上が胆のうがんであったことが示されています。
以上のように診断に欠かせない検査ですが弱点もあります。高度の肥満患者さんや腸のガスが多い方、食後などでは胆のうを描出しにくくなる点です。

超音波内視鏡検査

超音波内視鏡検査ではよりきれいに胆のうを描出することができます。これによって腹部エコー検査ではわかりにくい茎の有無や、胆のうがんだった場合の進行度などをより詳細に確認することができます。

MRI検査

MRIの優れている点は胆のうの立体画像を映し出せることです。磁気のみを利用するため被ばくがないことも利点です。
ただし胆のうポリープの診断能に関して言うと、あまり有用とはされていません。(診断能は腹部エコーに軍配が上がります。)
ちなみにMRIを撮影したときに出来上がる画像の一種である「拡散強調画像」は、がん(悪性)か良性かの判別に有用との報告はあります。
MRIの欠点は狭い空間に30分ほど横になりその間じっとしている必要があることから、閉所恐怖症の方や認知症などの方は難しい点です。

CT検査

エコーと比較するとMRI同様、胆のうポリープの診断能は高くありません。特に5mm以下のポリープについて有用性が疑問視されています。
一方で、10mm以上で胆のうがんが疑われるポリープの場合では転移を調べたり、胆のうの外側に浸潤がないかなどを判断するのに効果を発揮します。

治療は?

  • 経過観察
  • 胆のう摘出術(外科手術)

経過観察

腫瘍性ポリープを疑う状況になければ経過観察が推奨されます。
初めて発見されたときは半年後、その後はドックなどでの一年ごとの腹部エコー検査で充分でしょう。
ただしこれはポリープのサイズが10mm未満の場合です。上記のようにサイズが10mm以上になると急激に胆のうがんの割合が増えます。この場合、CTやMRI、超音波内視鏡などによる精密検査をします。コレステロールポリープと診断できれば良いのですが、どうしても診断に確信を持てないこともあります。こういった場合には後述する手術も視野に入れつつ、方針をよく検討する必要があります。

胆のう摘出術

胆のうがんが疑われる(否定できない)場合には手術をすべきです。
当院では可能な限り正確な診断を行うことを心掛けております。ドック結果を放置されている方、不安のある方など、当院ではできる限り不明点や不安を残さないようなご説明、方針を提供します。
気になる方はぜひ一度ご来院下さい。

参考:
胆嚢ポリープ  消化器内視鏡 Vol.29 No.8 1561-1563 (2017)
胆嚢ポリープ・胆嚢腺筋腫症 Medical Practice vol.37 no.8 1203-1211 (2020)
胆嚢ポリープの診断と取扱い 日本消化器病学会雑誌 第112 巻 第3号 444-455 (2015)

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME