メニュー

胆管(たんかん)がん

どんな病気?

肝臓で作られた胆汁が腸に流れるまでの通り道を「胆管」と呼びます。
この場所にできたガンを胆管がんと言います。

原因は?

特定の原因が判明しているわけではないですが過去に印刷工場の従業員から胆管がんが多く発生していることがマスコミに報道されたこともありました。
印刷工場で扱われるような化学薬品も原因の一つです。

症状は?

初期には無症状です。
大きくなってくると胆管を閉塞し胆汁の流れが滞ることによって黄疸、胆管炎などを引き起こします。

治療は?

手術が必要です。
より進行している段階では化学療法(抗がん剤治療)を考慮します。

また、胆管閉塞への対処として内視鏡を使い"胆管ステント"と呼ばれる筒状の器具を胆管に留置することもあります。
これによって胆汁の流れが復活します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME