メニュー

腹痛

腹痛について
部位ごとに疑われる主な疾患
腹痛の検査
腹痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください

腹痛について

腹痛の原因は多種多様です。
当ホームページでもご紹介している消化器疾患の多くも腹痛を伴いますし、卵巣や子宮などの婦人科疾患、尿路結石などの泌尿器疾患、またはストレスなどの心理的要因でも腹痛を起こすことが多々あります
その中でも急激に発症した激しい腹痛を急性腹症(ふくしょう)と呼びます。
急性腹症は緊急手術を要することが多いため早急な診断、治療が求められます。速やかに総合病院の救急外来を受診しましょう。

また腹痛は、部位によって疑われる疾患が異なります
決めつけは禁物ですが、ある程度の目安となりますので以下に簡単に分類してみました。
*一部の疾患は複数個所に登場します。

部位ごとに疑われる主な疾患

心窩部(みぞおち)付近

右上腹部付近

へそ付近

右下腹部~わき腹付近

左下腹部~わき腹付近

下腹部付近

  • 卵巣捻転
  • 卵管炎
  • 子宮疾患
  • 直腸炎
  • 前立腺炎
  • 膀胱炎
  • 尿路結石 など

お腹のどこにでも痛みを起こす疾患

腹痛の検査

血液検査

状態に応じて炎症反応、肝酵素、膵酵素などをチェックします
腹痛の診断において重要な役割を占めます。
例えば急性胆管(たんかん)炎では血液検査だけでも他疾患では出にくい異常が出るなど、非常に有用かつ必須の検査です。

尿検査

主に尿路結石や膀胱炎などの泌尿器疾患のチェックに用いられます。

胃カメラ

胃カメラで逆流性食道炎や胃がん、胃・十二指腸潰瘍等を発見し原因を特定できる可能性があります。
当院では出来るかぎり検査のハードルを下げるべく、鎮静剤(眠る点滴)を用いた胃カメラを扱っております。
安心して検査をお受けください。

大腸カメラ

大腸カメラでは大腸がんや、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、腸炎、大腸憩室(けいしつ)炎等を発見し原因を特定できる可能性があります
また、がん検診(便潜血検査)が陰性でも大腸がんが隠れていることは大いにありますので、その点もご注意ください
こちらのページも参考にしてください。

当院では出来るかぎり検査のハードルを下げるべく、鎮静剤(眠る点滴)を用いた大腸カメラを扱っております。
安心して検査をお受けください。

腹部超音波検査(エコー)

簡便に胆のう、膵(すい)臓、肝臓、腎臓、膀胱、前立腺などの臓器を観察することが出来ます
腹痛の原因を調べる際には無くてはならない検査です。
放射線を使用しないためお身体への影響を心配する必要がない点も特徴です。

CT検査、MRI検査 *院内設備はございません

なかには血液検査、内視鏡検査、エコー検査まで受けても腹痛の原因が特定出来ないことがあります
その場合にはCT検査で身体の隅々まで網羅的に調べることで原因が判明することがあります。
MRI検査は特に胆道や膵(すい)臓疾患を詳しくチェックする際に用いられます。

腹痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください

慢性的な腹痛を放置していませんか?
なかには大きな病気が隠れていることがあります。
決して放置すべきではありません。
当院では出来る限りの正確な診断を重視しております。
正確な診断があったうえでの適切な治療を心掛けております。

その根拠となるのが質の高い検査、診断体制です。
経験豊富な医師による患者さんの負担を最小限とした検査、さらには経験や知識からなる適切な診断を提供することを常に目指しております。

当院では、腹痛に対して可及的に原因究明を行い、個々の患者さんに適した医療の提供を実践することをお約束します。
腹痛を抱えつつも医療機関への受診機会をなかなか作れない方原因不明の腹痛に悩まされている方、その他どんな方でも是非お気軽に院長、スタッフにご相談ください。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME