メニュー

ご挨拶

当院のホームページをご覧になって下さり、ありがとうございます。かなざわ内科・消化器内視鏡クリニック院長の金沢憲由(かなざわ・のりよし)です。こちらのページでは自己紹介を兼ねた簡単なご挨拶をさせていただきます。

―視野の広い診療を目指して―

初期研修の2年間では内科系、外科系、小児科、産婦人科、救急など10以上の診療科を回りました。
様々な角度から幅広い視野で診療する事を心掛けながら研修し、充実した2年間を送ることが出来ました。
最終的には消化器内科医になる道を選びました。そこで出会った素晴らしい指導医の先生方の元で消化器内科医としてはもちろんのこと、内科医としての根幹をなす知識、技術、考え方などを教えて頂きました。大学病院においては特に消化管を専門として早期癌の内視鏡治療や、潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患を多数経験し技術、知識を高めていきました。
その後は消化器内科関連の複数の専門医資格を取得すると同時に、「内科医として少しでも視野が広い診療がしたい」との信念を持ち総合内科専門医の資格も取得しました。

―自分の振る舞いが直接自分に返ってくる仕事がしたい―

開業まで勤務していた横浜労災病院では合計すると10年もの間お世話になりました。当初はこの病院に骨をうずめるつもりで入職しました。一方で医師として1番長い時間を過ごしたこの勤務生活の中で自分が最終的に目指す所、本当に取り組みたい事については常に考えておりました。
最終的には「自分の振る舞いが直接自分に返ってくる仕事をしていきたい」思いがあることに行き着きました。病院という大きな組織の中でそれなりに責任のある役職には就いておりましたが、良くも悪くも責任は分散されます。最終的な責任を自身が負う環境の中で、患者さんと正面から向き合いたい。そんな想いを抱き、患者さん目線の診療を実現すべく開業を決意しました。
思わず家族、知り合いに勧めたくなる、スタッフが自分の家族を受診させたい、そんなクリニックを目指しています。当院ではささいな症状にも真摯に向き合い、誠心誠意の診療を心掛けております。受診された際にはどうぞよろしくお願いします。

院長 金沢 憲由

院長略歴

1982年 秋田県生まれ
2007年 秋田大学医学部卒業
2007年 秋田組合総合病院 初期研修(現 秋田厚生医療センター)
2009年 秋田組合総合病院 消化器内科
2010年 秋田大学医学部附属病院 第一内科(消化器内科)入局(関連病院への出向含む)
2012年 横浜労災総合病院 消化器内科
2014年 秋田大学医学部附属病院 第一内科(消化器内科)(関連病院への出向含む)
2015年 横浜労災総合病院 消化器内科
2018年 横浜労災病院 内視鏡部 副部長
2023年 かなざわ内科・消化器内視鏡クリニック開院予定

所属学会・資格

  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡専門医・指導医
  • 日本肝臓学会 肝臓専門医
  • 日本内科学会 総合内科専門医 
  • 日本消化器内視鏡学会 関東支部評議員
  • 日本消化器病学会 関東支部評議員 
  • 日本消化管学会 胃腸科専門医
  • 難病指定医
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME