メニュー

大腸カメラ検査

このような方には大腸カメラをお勧めします

☑ 便に血が混じる。
☑ 大腸がん検診で陽性である。
☑ ここ数カ月で便が急激に細くなった。
☑ 以前よりも便秘する。
☑ 下痢は出るがお腹は張っている。
☑ 固形便がでない。
☑ 貧血があるがカメラを受けたことはない。
☑ 近親者に大腸癌にかかった方がいる。

上記に当てはまる方は全員、大腸カメラを受けることを強くお勧めします。大腸がんを調べる方法として大腸カメラの他にもカプセル内視鏡、CT(コロノグラフィー)、注腸検査、検便(便潜血検査)などがあります。

でもこの中で唯一、大腸がん(ポリープ)の発見、診断、治療まで一度に行うことが出来るのが大腸カメラに他なりません。

私たちが特に気にしているのは患者さんたちの便潜血検査の意味合いの認識です。普段の診療をしていますと時々「便潜血検査で引っ掛からなかったから大腸がんは心配いりませんよね?」と聞かれることがあります。そうではありません。

実は便潜血検査は、大腸がんがあっても陰性になってしまうことも多いのです。国立がん研究センターが運営するサイト(がん情報サービス )にはこうあります。

  • 便潜血検査免疫法の感度(大腸がんがある場合に便潜血検査が陽性となる確率)は、対象とした病変の進行度や算出方法によってかなりの差があり、30.0~92.9%でした。
  • 検診を毎年受診することで大腸がん死亡が60%減ることが報告されています。

つまり社会全体で捉えた場合には、便潜血検査を行うことで大腸がんで亡くなる方を60%も減らすことができる一方で、個々の患者さんに対して言えば最大で70%もの大腸がんが見過ごされる可能性がある、と言い換えることが出来ます。

みなさん、心配なら怖がらずに是非大腸カメラを受けましょう。(でも怖いですよね?そんなハードルを下げることが私たちの使命と思っております。)

当院で行っている大腸カメラの特徴

経験豊富な医師が責任を持って検査を行います

私たちが特に目指している所それは、目の前の患者さんの今後の生涯までを考えた場合に、本来受けるべき検査を適切に受けて頂く邪魔をしない、と言うことです。

どういうことでしょうか?

例えば50歳くらいの女性が大腸カメラを受けたとします。でも大腸カメラが痛く、非常に辛い思いをしました。小さなポリープが発見されたのでその場で切除しました。必要な治療は出来たのでそれで良し。。。とはなりません。この女性は人生で一番くらい辛い思いをしたので2度と大腸カメラは受けたくないと思うでしょう。しかし、この場合に一番大切なことはポリープを見つけて治療できたことではなく、今後出現するかもしれない大腸がんを定期検査によって早期発見をすることです。辛ければ定期検査なんて受けたくなくなるのは当たり前です。ですから邪魔をしたくないのです。定期検査さえしていれば、大腸がんは見つかりやすい、治療しやすい病気です。

外科手術を受けざるを得ないほど進行してから大腸がんが見つかる方、残念ながら命を落としてしまう方を地域から一人でも減らすことが我々の使命と捉えております。

ですから、できるだけ苦痛なく検査を終え、また来年の検査を受けても良いと思う方向に気持ちが向くのであれば本望です。

院長は日本消化器内視鏡学会に認定された専門医、さらには指導医の資格も有しておりこれまで数多くの経験を積んできました。患者さんの苦痛をなるべく少なく、技術や知識も日々成長し続ける、を常に心掛けております。どうか安心して当院での検査をお受け下さい。

(当院ではご希望に合わせて鎮静剤・鎮痛剤を使った検査を行うことができます。)

苦痛を極力減らした検査(鎮静・鎮痛内視鏡)

こんな方にお勧め

☑ 検査を受ける方全員
☑ 特に検査が初めての方
☑ とにかく検査を楽に済ませたい方
☑ 以前に大腸カメラで非常に辛い、痛い思いをされた方

こんな方にはお勧めできません

☑ 妊娠、授乳中の方
☑ 検査当日に車、バイク、自転車などの運転が必要な方(禁止!)
☑ 検査後に重要な仕事が控えている方
☑ 以前に鎮静剤を使ってひどくご気分が悪くなった方
☑ 他のご病気で全身の具合が悪い方、肺や心臓に重篤な病気を抱えている方

 

いきなりですがご質問です。あなたが内視鏡検査を受けたくない理由はなんですか?

過去に受けた検査が辛かった、お知り合いが辛いと言っていた、下剤を飲むのが辛い、大腸カメラは何となく恥ずかしい、などでしょうか。

内視鏡検査には苦しいイメージが付いてまわることは事実であり、まだまだ受けて頂くハードルが高いと感じています。特に一度も検査経験の無い方はそのイメージが強いのではないでしょうか? 

当院では希望された方には鎮静剤や鎮痛剤を使用して大腸カメラを行います。これによって検査中の痛みや恐怖感を可能な限り少なくすることが可能となります。検査がいつ始まっていつ終わったのか分からなかった、何にも分からなかった、などのお声も多数聴こえてきます。鎮静剤、鎮痛剤を使用することで大腸カメラの辛いイメージを払拭することも我々の使命の一つと考えております。

一方で鎮静剤を使うことに抵抗感がある方もいらっしゃるかと思います。鎮静剤を使用しなくともカメラ自体が目覚ましい進歩を遂げており、より細くなり、画質もより鮮明になることで検査時間も短縮され、患者さんの受ける「辛さ」は一昔前より確実に減っております。

また下剤も複数種類の用意がございますので個々の患者さんに合った下剤をご提案いたします。

炭酸ガス送気装置を用いた検査

ヒダとヒダとの間に隠れた病気までくまなく観察するためには大腸を空気で膨らませる必要があります。ただこれには一つ問題があって、検査後にもお腹に空気が残り続けてガスが出たり、お腹が苦しくなったりする原因になるのです。それを解決するのが「炭酸ガス送気装置」です。炭酸ガスは空気よりも200倍も吸収が速いとされており、しかも呼吸を通して体外に速やかに排出されます。これによって検査後すみやかにお腹の張りが解消され、余計な苦痛を緩和することが可能になるのです。

初診におけるクリニック診察とオンライン診療の併用

大腸カメラを受ける場合、一般的には始めに「クリニック診察」を受け「下剤を受け取る」という行程がどうしても必要です。

当院ではこのクリニック診察の部分を「オンライン診療(準備中)」も選択可能としました。合わせまして下剤受け取りを「郵送」で対応可能としました。オンライン診療予約完了後の画面から引き続きweb問診もご入力頂くことで当日の院内滞在時間を最小限に抑えることも可能になります。

もちろん従来のようにクリニック受付での検査予約は承っておりますのでご安心ください。

オンライン診療の予約はこちらから(準備中)

オンラインにも対応したオーダーメイドの結果説明

大腸カメラでポリープ切除したり組織採取した場合は外部機関に検査を出しますので結果説明まで最低2週間ほどお時間を頂いております。つまり実際の流れとしては、検査を受ける→その日のうちに結果説明を受ける→終了。ですがポリープ切除した場合などには後日結果説明が必要になります。この結果説明はあくまでも通常の再診が基本になります。

一方で、普段お仕事・育児などで多忙な方、コロナ感染対策として来院回数を最小限にしたい方、遠方の方など、この再診部分をオンライン診療も選択可能とすることで患者さんの選択肢を増やしたいというのが我々の想いです。ご希望の方は是非、医師やスタッフにお声がけ下さい。ただし、重大な結果(がんなど)が想定されるような場合では直接来院頂くことをお勧めしております。

オンライン診療の予約はこちらから(準備中)

大腸カメラの流れ

検査前日

  • 朝食、昼食、夕食は検査食のみお召し上がりください。水分は飲んでも構いません。
  • 夕食後(21時頃)に小さな下剤(ピコスルファートナトリウム内用液)をコップ1杯の水に溶かしてお飲みください。
  • 21時以降もお食事は出来ませんが、水、お茶は飲んでいただくことが出来ます。

検査当日

  • 朝食は取らないでください。
  • 指示された朝の内服薬は朝7時までにお飲みください。
  • 色のついてない飲み物は検査1時間前まで飲んで構いません。
  • 朝9時から2時間ほどかけて1~2Lの腸管洗浄剤を飲みます。
  • 個人差がありますが5~10回ほど排便があり徐々にただの黄色い水のようになっていきます。これで自宅での準備は完了です。

来院後

  1. 受付、番号発行します。
  2. 番号が呼ばれたら更衣室で専用の紙パンツに履き替え、検査室に入ります。
  3. 検査台に左を下にして横になります。
  4. 肩に腸の動きを抑える筋肉注射をします。
  5. お尻からカメラを入れて、大腸全体を観察します。ポリープが発見されたら必要に応じてその場で切除します。検査時間は10~15分程度です。
  6. 検査室でそのまま結果をご説明します。
  7. お会計して終了です。My hospitalアプリにてオンライン会計登録をしている方は会計を待たずに帰宅可能です。

当院の大腸カメラは原則鎮静剤を使用しますが、夕方から予定のある方や鎮静剤に抵抗感がある方などには、鎮静剤を使わない通常の大腸カメラをお勧めしております。

*ポリープ切除を行わなかった場合は検査後の食事制限などはございません。

鎮静大腸カメラの流れ

検査前日

  • 朝食、昼食、夕食は検査食のみお召し上がりください。水分は飲んでも構いません。
  • 夕食後(21時頃)に小さな下剤(ピコスルファートナトリウム内用液)をコップ1杯の水に溶かしてお飲みください。
  • 21時以降もお食事は出来ませんが、水、お茶は飲んでいただくことが出来ます。

検査当日

  • 朝食は取らないでください。
  • 指示された朝の内服薬は朝7時までにお飲みください。
  • 色のついてない飲み物は検査1時間前まで飲んで構いません。
  • 朝9時から2時間ほどかけて1~2Lの腸管洗浄剤を飲みます。
  • 個人差がありますが5~10回ほど排便があり徐々にただの黄色い水のようになっていきます。これで自宅での準備は完了です。

来院後

  1. 受付、番号発行します。
  2. 番号が呼ばれたら更衣室で専用の紙パンツに履き替え、検査室に入ります。
  3. 腕に点滴を取ります。
  4. 検査台に左を下にして横になります。
  5. 点滴ルートから腸の動きを抑える注射薬、鎮静剤、必要に応じて鎮痛剤を投与します。
  6. お尻からカメラを入れて、大腸全体を観察します。ポリープが発見されたら必要に応じてその場で切除します。検査時間は10~15分程度です。
  7. 鎮静剤の中和剤を点滴ルートから投与して目を覚ましやすくします。
  8. 検査台(ストレッチャー)ごとリカバリー室に移動して30分程度お休みいただきます。
  9. 目が覚めたところで診察室に移動して結果をご説明します。
  10. お会計して終了です。My hospitalアプリにてオンライン会計登録をしている方は会計を待たずに帰宅可能です。

鎮静剤を使用することで眠っているうちに、もしくはウトウトした状態で検査を受けることになります。苦痛を大幅に減少させることが期待できます。「苦痛を極力減らした検査(鎮静・鎮痛内視鏡)」もご覧ください。

*鎮静剤を使用した方でもポリープ切除を行わなかった場合は検査後の食事制限などはございません。

大腸カメラでよく見つかる病気

  • 大腸がん
  • 大腸ポリープ
  • 潰瘍性大腸炎、その他の大腸炎
  • クローン病
  • 大腸憩室症

胃・大腸を同日に検査可能

検査は受けたいけどそのたびに仕事を休みたくない、時間を割きたくない、何度もクリニックに足を運ぶのはしんどい。そんな方は多いのではないでしょうか?

我々としましては患者さんの貴重なお時間を出来る限り奪うことはしたくないと考えております。

その一環として、胃カメラと大腸カメラを1日で済ませてしまいたい方には同日胃・大腸カメラを行っております。胃と大腸の内視鏡検査を1度にできるため、食事制限、検査前後の待ち時間、通院回数がすべて検査1回分で済むため、身体的にも時間的にも経済的にも負担が少なくなります。

*特にご希望がない限りは全例鎮静剤を使用しています。

【同日検査の流れ】

  1. 鎮静剤を使用して胃カメラをします。5分程度です。
  2. 胃カメラ終了後、眠ったまま検査台(ストレッチャー)ごと方向転換して大腸カメラを受ける姿勢になります。
  3. 大腸内視鏡検査を行います。10分程度です。胃カメラと合わせて20分程度で全ての検査が終了します。
  4. 検査台(ストレッチャー)に横になったままリカバリー室に移動し30分ほどお休みいただきます。
  5. 目が覚めてから診察室で結果をご説明します。
  6. お会計して終了です。My hospitalアプリにてオンライン会計登録をしている方は会計を待たずに帰宅可能です。

検査費用

内容

1割負担

3割負担

大腸カメラのみ

2500円前後

7500円前後

大腸カメラ+組織検査

4000円前後

12000円前後

大腸カメラ+ポリープ切除

7000~10000円前後

20000~30000円前後

 

検査予約はこちらから(準備中)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME