メニュー

膵(すい)がん

どんな病気?

すい臓にできるガンで、進行するまで無症状のことも多く、進行も速いため非常に怖い病気です。

原因は?

これと言った一つが原因があるわけではありません。
いわゆるリスクファクター(危険因子、当てはまるとガンになるリスクが高まる項目のこと)として血縁関係者に膵がんに罹った方がいる、喫煙、などです。

症状は?

進行するまでは無症状である事が怖いところです。
一方で進行すると背中やみぞおちの痛み(膵臓は背中側にあります)や膵炎、隣接する胆管を閉塞させることで起こる黄疸(身体や目が黄色くなる)、さらには隣接する十二指腸に顔を出して閉塞してしまうと食事が通過出来なくなる、など多彩な症状を引き起こします。

治療は?

根治を目指すには手術しかありません。
一方で実際の発見時には手術が出来ない状態であることの方が大多数です。
この場合には抗がん剤治療を検討する事になります。

また上記のような黄疸、十二指腸閉塞などの場合には「金属ステント」と呼ばれる器具を内視鏡を使って留置する事で流れを確保します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME